スーツをクリーニングに預けるときのお作法

スーツというのはアウターだけあって汚れやホコリがつきやすいですが、クリーニングしすぎると生地が傷みやすくなるので注意が必要です。スーツの生地を傷めないためには、クリーニング頻度の基準を把握し、効果的な状況で預けるように気を付けてください。もちろんスーツの生地や体質、どんな汚れをきれいにするかによっても、クリーニング頻度はかわってきます。
例えば、汗かき体質の人や屋外での活動が多い仕事に従事されている人の場合、夏は週に1度のペースでスーツをクリーニングするのが適切な基準となります。しかし、汗かき体質じゃなく屋内での活動が多い仕事に従事されている人のスーツなら、夏は2週に1度のクリーニングサイクルが適切です。スーツのクリーニング頻度の基準というのは、陰干しやブラッシングなど、長持ちさせるのに必要なケアを日常的にきちんと行われてないといけません。
クリーニングだけでスーツをきれいにするのはちょっと違うような気がします。例えば、ほこりのような目立たない汚れをまめに落としたり、家の中でも衛生的な環境で管理するようにしてください。スーツのクリーニングに求めるものは大きく2つあると思います。
1つは仕上がりスピード、もう一つが満足のいく仕上がりです。例えば、スーツを早急に仕上げてほしい側の人は、利用しやすい地域の店舗型クリーニングの利用が間違いないでしょう。朝出して夕方仕上がるスピードが売りのクリーニング店もありますよね。
ただ忙しい人だと、クリーニング店の開いている時間に利用できないこともあると思います。忙しくてクリーニングに出せない人は、自宅からでることなくすべてが完結する宅配クリーニングサービスを利用するのがおすすめです。お店にスーツを持っていく手間がなく、自宅の玄関先での集配達になるのでたいへん負担が軽くなります。宅配クリーニング各社のWebサイトから都合に合わせてオーダーが可能となっています。
クリーニングに預けたいスーツだと、きれいに取り除いて欲しいシミがあるケースもありますよね。簡易的なシミ抜きでは除去できないようなしつこいシミだと、オプション料金がかかったり、仕上がりにも時間がかかります。そういったイレギュラーなことに対して、しっかり対応してもらえる宅配クリーニングを選ぶとなると、早さや安さだけでは選べませんよね。
でも宅配クリーニングのプラスキューブなら、アパレル上がりの人がやっているので洋服の生地やシミの状態に応じたシミ抜きを適切に行ってもらえるので安心です。プラスキューブの口コミをチェックしてみたところ、スーツが新品のように蘇って戻ってきたレビューだったので、信頼できる宅配クリーニングだと確信しました。スーツを水洗いした後の成型技術も高いので、ブランドスーツを預けるのもおすすめ。
スーツを預けるときに気をつけておきたいところは、必ず上下セットにして出すようにしてください。スーツは上下セットできれいにしないと、質感が上下で変わってしまい格好悪くなってしまいます。スーツを出すときはたとえジャケットが汚れていなくても、上下セットを念頭に置いてクリーニングしてください。