中国ドラマの大作「如意伝」の魅力!エイラクとはどの辺りが違うのか?解説します!

「エイラク」は「如意伝」と同時期にリリースされ、中国で大ヒットした作品である。
この2つの作品は、設定や題材は同じだが、登場人物の描き方が大きく異なり、主人公は両作品とも敵役である王妃である。
エイラクでは、ヒロインである王妃は、宮廷の陰謀や乾隆帝への恋心を抱えながらも生き抜く貞淑な女性である。
一方、如意伝の洛陽は、最初は穏やかで優しい女性だが、多くの苦難を経て、冷酷な策士に変貌していく。
亡き姉への復讐心を胸に、大胆不敵な行動で自らの運命を切り開いていく不屈のヒロインである。
妃となって如意の前に立つという野望を抱いて皇帝に近づく勇敢なヒロインとして描かれている。
また、皇后は愛すべき女性でありながら、皇后の座を失うことを恐れる女性として描かれている。「如意伝」では、皇后は愛すべき存在として描かれていますが、『エイラク』では、皇后の座を失うことを恐れ、如意を陥れようとする女性として描かれているのです。
この映画の見どころは、二人のラブストーリーでしょう。
乾隆帝と如意が青春時代から老年期にかけて経験する愛の物語が本作の焦点である。
如意伝は、2016年8月23日に撮影を開始し、2017年5月5日に制作を終了し、2018年に放送された中国のテレビドラマである。
小説版の続編であるが、テレビドラマ版は完全な続編ではなく、一部設定が異なる部分がある。
前編同様、派閥争いの描写も絡むが、主に女性たちの愛と嫉妬を軸に物語が展開する。
物語の前半は、前作と同じく派閥争いを中心に展開するが、ところどころ簡略化されている。
如意の幼名は青珠といい、顔が青梅の花に似ていることから名付けられた。
境遇に不満を持つ皇帝の妻・高王烈は、夫の妻・寵と一緒に後宮に入り、静かな愛を育んでいく。さて、如意は高王悦と伏犠十八圓祥という二人の女に襲われる。
どちらも如意より身分の高い「女帝」である。
高王悦は表の敵を仕切って如意を罵倒し、府嬰圓祥はわざわざ如意の理不尽を探って、二人で如意を猛烈に攻撃していた。
ある日、二人は如意から皇子殺しの罪を着せられ、宮中に送られる。
如意は生涯の友である海藍と礼恩徹に救われ、機転を利かせて謀略を乗り越えた。
敵の下で救われたふりをすることで、如意は高宝玉と福州延暦寺が如意を害した証拠を発見した。
自業自得と思わせておいて、容赦なく殺すのである。
彼女の後ろ盾が危うくなると、真の黒幕である玉樹の嘉桂園が自ら動き出すが、徹底的に知恵を絞った如意は、数々の陰湿な策略で彼女を陥れた金元元を屈服させることができる。
そして、ついに皇后に即位する。
そんな見どころ満載の如意伝。
詳しくは下のページで詳しく解説しますので一度ご覧ください!
中国ドラマ「如意伝」