地震は今のところ軽く済んでいることに感謝。そして日常が送れることを幸せに思う。

本日22日未明、地震による大きな揺れに起こされ、揺れが落ち着いたころテレビをつければ、結果日向灘を震源にM6.6の地震が起きたのだと知りました。私の住まう地域は震度4とのことでしたが、揺れの時間が長かったためか、震度5はあったかのように感じていました。暫く心臓のバクバクは止まりませんでしたが、幸いにも暫くして朝まで眠りにつくことはできました。夜が明けて朝の8時を迎えるころ、私は最寄りの24時間営業のディスカウントストアさんへ出かけ、予定していた食料品に加えて、インスタントラーメンを幾らか買い込んだのですが、それには二つの理由がありました。日頃から缶詰クラッカーなどの万が一への食料品の備蓄はしていますが、それへのプラスアルファというのが一つ目の理由でした。そして二つ目の理由は一種の予防策でした。「備えあれば憂いなし」「災害は忘れたころにやってくる」という言葉がありますから、災害を意識し始めれば防ぐ効果がある、そう考えたというものでした。そして今後の余震も警戒することも大切で、今回の件はもう終わりと楽観過ぎてはいけないと思いましたが、何とか未明の大きな地震はひと段落、こうして日常を送れることに感謝の気持ちで一杯になりました。そこで小さく日常を送れることを祝おうという気持ちになり、同店で自分自身に大好物のシュークリームを二つ買ってあげました。イチゴ味です。