日本の文化の中でも人気のアニメに関して世論などの価値観や偏見を踏まえた上での生活

普段生活をしている中で、アニメに触れる機会は沢山あると思う。だがしかし、昨今ではアニメに対する考え方が少しずつ変化してきていると思っている。私の周りには同性でそこまでアニメに詳しかったり語ったりする人はいませんでした。共通の趣味のことを話す友達も少なくとても寂しい思いをしました。今の社会の中でアニメが好きな人はとても強い偏見を持たれ、アニメについて何も知らないにも関わらず辞めさせようとするし、距離を置こうとします。私は生きている中で生活の中心にアニメの存在があり続け、支えられてきました。誰もは一度アニメを見たことがあるはずです。近年人気の鬼滅の刃や呪術廻戦に加え国民的アニメのドラえもんなど、これらは等しくアニメであることに変わりはないのです。しかし、アイドル系アニメや小百合系アニメを見ていると何故か否定的な意見を言われるのです。相手の価値観や考え方を否定はしませんが、なぜ見ているだけで否定的な言葉や態度をされなければいけないのでしょうか。このような世論の価値観が日本中のオタク達の表現の自由を閉鎖的にしているのではないかと思います。世界的にも評価の高いアニメーションは日本の文化になりつつ、最大の武器だとも考えています。アニメは見ている人をいろんな感情にさせることができ、制作こそ大変ではありますが今の日本では触れる機会も多くなってきていると思っています。現時点でもアニメに関して気軽に話せる友人は居らず、まだまだアニメに関しての偏見も強く残っています。こんな中でも同志を見つけ、楽しく話し合いたいと思っています。デイトラ 評判