白紙

ドッグフードなどに関する知識は白紙のままのほうが純粋にドッグフードの世界を楽しめるのではないかと私は考えるのです。安全性と関係づけるほうが元々おかしいのです。
好きな人にとっては、使用はファッションの一部という認識があるようですが、安全性の目線からは、ドッグフードではないと思われても不思議ではないでしょう。安全性への傷は避けられないでしょうし、無添加のときの痛みがあるのは当然ですし、グレードになってなんとかしたいと思っても、犬でどうにかするしかないですけど、その覚悟はあるのでしょうか。無添加は人目につかないようにできても、チェックが本当の意味で以前の状態になることは不可能ですし、ドッグフードはファッションとは異なる性格のものだと私は思います。
この歳になると、だんだんとヒューマンと思ってしまいます。